爪のお手入れ方法

散歩や運動をしっかりしている場合は、爪も適度にすり減ります。散歩にあまり行かないと、爪が伸びすぎて歩きにくくなったり、肉球にくい込んでしまったりすることがあります。 特に、前肢の内側の親指にあたる狼爪は見落としがちで、地面からは遠く、自然にすり減ることはないので、放っておくと肉球や皮膚に食い込んでしまいます。

爪が伸びてくるとカーペットや毛ひっかかったりして怪我をする場合があり危険です。爪が伸びる早さは品種でも異なりますが、1ヶ月に1回程度が目安にカットしましょう。また、部屋の中を歩いたときに、床に爪が当たる音がするようなら、伸びすぎのサインですから、爪をカットしてあげましょう。

○爪切りの方法

爪の中には血管や神経が通っています。深爪しないように気をつけながら、先端を切ります。こちらが緊張すると、その不安が伝わりますので、リラックスしながら爪を切りましょう。また、一気に全部の爪を切ろうとはせず、少しずつ爪切りに慣れさせてあげましょう。爪を切ることが楽しいとイメージが結びつくように、褒めながら切ることがポイントです。

○爪切りの手順

・足を持つ

前足の持ちかたは、あまり強く握らず爪先を自分の方へ向かせ、声をかけてリラックスさせましょう。爪を切る前に、指の間の余分な毛をあらかじめカットしておくと爪が見やすくなります。

・爪を切る

伸びすぎた爪の先端だけ切り、少しずつ丸くなるように角度を変えましょう。上手に切れた時は、褒めてあげましょう。

・やすりをかける

やすりで爪の切り口整えましょう。爪がささくれだたないように、ヤスリは一定方向にかけるのがポイントです。

○爪切り時の注意点

・爪が白い場合

一度に深く切らずに、血管がピンク色に透けて見える手前まで角を少しずつ切ります。

・爪が黒や濃い色の場合

血管が見えない場合は、切り過ぎないように注意しながら、先端から角を少しずつ切ります。

・爪が硬い場合

大型犬など大きくて硬い爪を切る場合、シャンプーをした後が、爪がふやけて軟らかくなるため切りやすくなります。

・出血した場合

脱脂綿などで押さえて止血しますが、なかなか出血が止まらない場合は、市販の止血パウダーなどを使用します。

爪を切ろうとすると暴れてしまい、難しいようでしたら、トリマーや動物病院に相談をし、専門家からコツを教わると良いでしょう。

今すぐ専門家を探す

ペットホテルに強い専門家をPICK UP!!

ペットホテルに強い専門家を「ペットホテル専門ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ